大好評のけいとやの染色。販売から一か月ほど経ちましたが、皆さん満足いく染色ができましたでしょうか?私も染色は初めての体験で、販売にあたってまずは、けいとやスタッフも染色体験せねば!と何度もチャレンジしました。かせの状態では「あら、いいじゃないの~♪」と思ってはみたものの、実際作品を編み始めるとあれ?思ったような柄の出方ではない……(-_-;)となってしまったり。染色は、本当に奥が深い…としみじみ感じました。そして、他の方が染めた糸とその作品が見てみたい!ということで……。

今回、なんとワイルドフラワーのショールのでお馴染みの作家Kyokoさんが、schoppelツイスターレース糸を染色し、ショールを編んでくれました!

こちらはKyokoさんがいろいろな染色糸を染めている画像です。工程などとても参考になりますよ。

実際に染めた糸を使ってショールを編んでくれました。

とても素敵な作品に仕上がりました!
Kyokoさんもコメントされていましたが、このレース糸、本当に手触りが良いです!素材の25%にシルクが使われており、残り75%も質の良いウールが使われているのがその理由です。ウール特融のチクチク感が苦手な方には、とてもおススメです。


けいとやスタッフも、こちらのSchoppel ツイスターレースで自分で染めた糸を使って簡単なショールを作成中です!
そちらも完成次第レポートさせていただきます。

次回もお楽しみに!

【けいとやの染色レポートまとめ】