1.インフォメーション・Infomation

まずは、Scheepjes公式HP「Scheepjes CAL 2019」のインフォメーションのページを開いてみましょう!(下の“ Scheepjes CAL 2019 Information ”のボタンをクリックして下さい。)
使用毛糸の色見本や、完成画像(ページの一番下)があります。
5.真昼と6.夜明けは、後から追加となった色のため、“New stock”のページをご覧ください。

2.ヒントとコツ・Tips-and-Tricks

次に、作品制作のヒントやコツが書かれているページで、使用糸の対応表、ゲージ(スワッチ)の編み方などを確認します。(下のボタンをクリックして下さい。)
レシピや動画で使用糸(A,B,D,F)がどの色かわからないと編むことができないので、必ず確認して下さい!


また、略語の説明やアワートライブの場合、使用かぎ針が3.5㎜であること、編み方のコツなどが書かれています。
英語が苦手な方は、Google翻訳や無料の翻訳アプリを使うと、何となく書かれていることが分かりますよ!(直訳されるので“アワートライブ”は“私たちの部族”なんて書かれてしまいますが…。)


確認出来たら、作品制作の本番前にゲージ(スワッチ)を編みましょう。編み方は、英語の文章パターンと動画があります。編んでサイズの確認をしてくださいね!
※英文パターンは「Instructions for the Gauge Swatch」に書かれています。
※動画は「Video tutorial」のところをクリックするとYouTube動画が見られるようになります。右利きの方はRight-handed video in UK terminology – Gauge swatch、左利きの方はLeft-handed video in UK terminology – Gauge swatchからご覧ください。
ゲージ(スワッチ)は、作品の“Week 1”の1~5段目まで編むのですが、サイズが上手くいったらそのまま編み進めてしまってもOKです!

3.作品制作・Week 1~11

使用糸やゲージの確認が出来たら、早速「Week 1」のページに行きましょう!
各週のページで、最初に編み進めるコツが書かれており、次に英語の文章パターン、ダウンロードパターン(英語(英)、英語(米)、ドイツ語)、動画(右利き、左利き)という順序で記載されています。
私は、ダウンロードパターンを印刷し、使用糸の色を確認したり、メモをしながらYouTube動画を観ながら一緒に編み進めていきました。英語は全くといっていいほどできませんが、動画を観ながら編むことで完成させることが出来ました!


この作品は、全11工程で構成されています。実際のCALでは、毎週レシピが公開されていたので、約3カ月(11週間)かけて制作する超大作のブランケットです。本当に美しい作品に仕上がるので、ぜひ頑張って編んで下さいね!
もちろん、お好みのサイズまで編んだら途中でやめてしまってもOKです!アレンジ例として、クッションカバーやマット、ウエアに仕立てている方をSNSで見かけました!
皆さんも、編んでいる過程や完成品をSNSで投稿してください!
ぜひ、Instagramで投稿する際は「keitoya_machida」とタグ付けして下さいね。


0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x